次回参加イベント:コミックマーケット97 4日目ヌ-14a

【DTM】すらすけがよく使ってる音源を紹介するぞのコーナー ~reFX Nexus 2 編~

こんにちは。すらすけです。

以前から「DTM」カテゴリーを作ってはいたものの、これまで一つも記事を書いていなかったので何か書こうと思います。

今回は僕が楽曲制作をする際によく使っている音源の中から、「Nexus 2」を紹介します。かなり有名な音源な気がするので、知っている人や既に持っている人も多いと思います。そんな人は後述の「おすすめエキスパンション」の項目辺りを見ていってください。そして僕にオススメを教えてください。

 

reFX Nexus 2 とは

reFX社が販売しているNexus 2っていう音源プラグインです。

公式サイトはこちら。

 

ちょっと調べれば解説やレビューなんて山ほど出てくるので、いまさら僕が説明するまでもないですね。ぜひ調べてみてください。

 

個人的に感じたこと

◎が長所、△が短所です。

◎ある程度完成された音が一瞬で手に入る

これはもうNexus 2を使う一番の理由ですね。

画面中央のモニターを模したパネルから音色名をクリックするだけで、多種多様さまざまな音が鳴ります。

一般的なシンセサイザーでは、プリセットを選んだあとに良くも悪くも詳細なエディットができるので、プリセットを選んだ先の選択肢が非常に豊富です。それに対して、Nexus 2は音色を決定したらADSRやフィルター、ディレイやリバーブなどといった限られたパラメータのみ操作することになるので、あれこれ悩まずに割り切った選択ができます。

「だったら細かく調整できる普通のシンセの方がクオリティの高い曲が作れるんじゃないの?」

なんて思うかもしれませんし、確かにそれも一理あります。ですが、実際の楽曲制作工程では、曲の構想を思い描いてからそれを1フレーズ形にするまでに非常に時間がかかってしまいます。僕の場合、真っ白なプロジェクトから最初のワンフレーズができるまで、おおよそ3~5時間くらいかかることが多いです。

ただでさえ時間がかかるのに、頭の中で思い描いた曲を完璧に再現しようとしていたら、正直作業しているうちに忘れちゃいます。するとモチベーションも下がります。そういう時にNexus 2が重宝しています。

音作りの手間を最小限にしながらガシガシ曲を組み立てていけるので、結果的に当初の目的に沿った楽曲が作れることが多いです。もちろん、音色だけ後から差し替えることは容易なので、とりあえず仮置きして後から差し替えることもあります。

似ている音源は数あれど、あえてNexus 2を使う理由としては、ライブラリの質が高いことにあります。仮置きしたつもりの音がそのまま完成品に採用される……なんてこともとっても多いです。

 

最近では、曲の要所要所で凝った音作りをして、その裏にNexus 2の音色をレイヤーさせるみたいな使い方がメインになってきました。

 

◎音ゲーっぽい曲を作る時に役立つ

僕がNexus 2というものを知ったのも、高校生の頃に「音ゲーっぽい曲を作るには?!」みたいな記事で紹介されていたのを見たのがきっかけですし、たぶん音ゲー系アーティストの方々で使っている人が多いんじゃないでしょうか。

全体的に音色が太く、ややTrance系寄りの音色が多めなので、いわゆる音ゲーコア的楽曲との相性はバツグンだと思います。

「音ゲーっぽい曲作りたいんだよね~」 なんて相談されたら、僕なら一番にオススメするかな~といったところです。

 

裏を返せば、僕自身も最近は音ゲーっぽくない曲を作ることの方が多くなってきたので、そういうプロジェクトではほとんど出番がありません。(そういう系だとOmnisphereの出番が多いですね)

なので、使わない人はトコトン使わないかな~という音源でもあります。

 

◎軽い

Nexus 2はその特性上、複雑な計算もなければ超・大容量の音色ライブラリを読み込むこともありません。なので、パソコンの性能に不安のある人でも概ね動かせるんじゃないかな~って思います。(しらんけど~)

ただし、音色ライブラリはデフォルトで10GB以上あった気がするので、ノートPCとかで容量の小さなSSDしかない!とかだとちょっと厳しい。(僕のライブラリは25GBありました)

 

△高い

デメリットを挙げるならば、値段が高めです。

個人的にはDTM初心者にこそオススメしたい音源なのですが、そうするとここがボトルネックになってしまいます。

本体が約$200で、課金をすることで音色を増やすことができます。エキスパンションってやつです。これが$60くらい。さらに高価な生音系の音色エキスパンションもあります。

 

ですが収録されている音色数も豊富ですし、品質も良いものばかりなので、使う人が使えばとっても役立つと思います。エキスパンションは曲のジャンル別になっていたりするので、作りたいジャンルがある人は選びやすいと思います。

実は、僕がDAWの次に買った有料のDTM機材がこのNexus 2なのですが、買ってから数か月はその音色の豪華さに感動しまくってました。あの頃はたぶん永遠にDAWに触り続けられたと思います。今となっては……。

 

というわけで、値段に見合う価値が得られるなと思ったらぜひ使ってみるといいんじゃないでしょうか。僕はこれが無かったら今頃DTMやってたか分からないってくらいモチベーションを貰えました。

 

おすすめエキスパンション

僕がよく使ってるエキスパンションを紹介します。

EDM 4

去年のクリスマスセールで、「時代はEDMだ!!!!!!!」と叫びながら購入。

手軽にパリピになれるのでオススメです。

 

Hardstyle 2

これがあればHardstyleが作れる!! ってわけでもないですが、攻撃的でノリノリな音が多いです。楽しい。

 

Stratosphere 3

神秘的なトランス系の音色が多め。デモムービーの曲調が好みだったので買いました。

エキスパンションどれ買ったらいいのかわからん!って人は公式のデモ聴いて好きなやつを買うのがオススメです。

 

Swedish House 2

シンプルながら目立つ音が多くて、非常に使いやすいです。ちょっとクセがあるので、クセっ気を出したい時にも。

 

以上!!!!!!!!!!!!!!!!

みんなもオススメエキパン情報をコッソリ僕に教えてくれよな

 

お得な情報

今(2018/12/02)、Nexus2を販売しているreFXでクリスマスセールをやっています。例年この時期が安く手に入れるチャンスなので、買うなら今だ!

 

おわり

もし次回があるならばSERUM辺りのことを書こうかなって思います

タイトルとURLをコピーしました